色見本

チラシ印刷はビジネス活用【集客するならチラシも有効的】

チラシを返品できるケース

印刷

依頼者の元にチラシが届いた時に、デザインに不備があれば業者に連絡をいれるようにしましょう。チラシの作成を業者が行なう時は、同じ印刷機を使用するケースがほとんどです。チラシは、繊細な物なので、何回も人の手で触ることができません。そのため、印刷機のインクに不備がおこってしまった時は、チラシのデザインに線ができる、形が変わってしま時があるのです。このような商品が届いてしまった時は、業者に電話で問い合わせを行なうようにしましょう。業者によっては、迅速な対応を行なってくれるところがあります。さらに、業者側の不備となっているので、追加代金は発生せずにチラシ印刷を行なってくれるのです。ですから、業者を選ぶ際には、チラシに不備がおこっている際に迅速な対応を行なってくれるチラシ印刷業者を選ぶようにしましょう。ただし、届いた商品のデザインが気にくわない、チラシのサイズ調整で返品はできませんので、覚えておきましょう。

チラシの作成を行なう人の中には、自分でデザインから印刷までを行なっている人がいます。自分で行なうと、コストを抑えられますし、料金も用紙代金だけとなっているのです。ですが、自分で行なうと、業者が発行するデザインとは違った物になってしまうケースがあります。さらに、自宅に置かれている印刷機では、大量にチラシを発行したために、故障の原因となってしまう可能性もあるのです。ですから、チラシの作成を行なう際、自分でやるのではなく、チラシ印刷業者に依頼するようにしましょう。チラシ印刷業者では、設備も充実していますし、時間短縮なります。さらに、依頼しているだけなので、自宅にある印刷機を壊してしまう可能性を防ぐことができるのです。

Copyright© 2016 チラシ印刷はビジネス活用【集客するならチラシも有効的】All Rights Reserved.